小児(子供)の矯正治療

小児(子供)の矯正治療とは?

子供の矯正治療は、乳歯と永久歯が一緒の状態から矯正治療を開始する事で、小児期の矯正治療のみで治療が終了する場合や、大人の矯正を行う場合に、大人の歯を抜かずに矯正治療が出来る可能性がぐっと高くなります。

子供の矯正治療の場合、歯型を採得しオーダーメイドで製作した取り外し可能な装置を使って治療を進めていきます。 小児の場合、上下の顎の前後的なズレがある場合や、でこぼこのある場合でも成長を利用し矯正が行えるため、取り外し式装置でそれらを軽減させていくことが出来ます。

大人の矯正のみを行っただけでは、大人の歯の抜歯が必要な場合でも、子供の矯正を行い程度を軽減させてから大人の矯正を行うことで、大人の歯を抜かずに治療が行えるようになる方が多くいらっしゃいます。 子供の矯正を行うには、適切なタイミングがあります。 お子様の歯並びに不安を持たれている方は、丁寧にご説明させていただきますので、ぜひご一度お子様とご一緒にご相談ください。

知っておきたい子供の矯正治療

子供の矯正治療の種類

  • 拡大床

    矯正装置を横方向へ拡大して、その装置を使用することで、でこぼこを少なくしていくことが出来ます。

  • バイオネーター

    拡大床と同様に、横に拡げることも出来ますが、上顎前突や下顎前突などの前後的な上下の顎のずれに対して効果的な装置です。

子供の矯正治療を始めるタイミング

矯正治療は、永久歯と乳歯が一緒に生えている時期(6歳から12歳頃)に行う小児期の矯正(第一段階)と、永久歯がすべて生えそろった時期(12歳以降)に行う大人の矯正(第二段階)があります。

小児期の矯正(第一段階)のみで、治療を終えられる方もいらっしゃいます。 当医院では2割程度の方が、小児期の矯正のみで治療を終えられます。 一般的に小児期の矯正とは、大人の矯正(第二段階)で大人の歯を抜かずに治療が行えるようにしていくための治療です。 前歯のでこぼこを平らにしたり、見た目や咬み合わせを正しい状態にするには、大人の矯正が必要です。 いずれは矯正をしようと考えていらっしゃる場合で、できれば大人の歯の抜歯を行いたくないとお考えの場合は、小児期の矯正を行うことで、大人の歯の抜歯が回避できる可能性が高くなります。 また、下顎前突や開咬の場合、症状の程度によって将来手術が必要になってしまう方が一部いらっしゃいます。 上下的、前後的な上下の顎の位置のズレを大人の矯正の開始時期(12歳から14歳頃)までに軽減しておくことで、将来手術が必要な可能性を少なくしていくことができます。 小児期の矯正から継続して、大人の矯正を受けられた場合は、小児期の矯正の費用を差し引いて大人の矯正をお引き受けしております。

子供の矯正治療の費用について

小児期の矯正から継続して大人の矯正を行った場合、小児期の治療費を差し引き、大人の矯正をお引き受けしております。治療にかかる費用は検査後の診断で提示いたします。
※検査料や消費税は別途かかります。

  • 例1 子供の矯正のみ6歳から13歳まで行い子供の矯正のみを行う場合35万円
  • 例2 6歳から15歳まで小児矯正から継続して大人の矯正を表側から行った場合70万円
  • 例3 13歳から大人の矯正のみ表側から行った場合70万円
  • ※治療の難易度により治療費は異なります。
  • ※子供の矯正の終了時期は、12歳から14歳頃になる事が多いですが、榎本矯正歯科では年齢ではなく、全ての大人の歯の萌出後(親知らずを除く)としています。

子供の矯正治療前後の症例

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

診療案内

受付時間・アクセスInformation

診察時間
11:00~13:00 × ×
15:00〜19:00 × ×

休診日/月曜・木曜・祝日・第2日曜
△は10:00~12:30/15:00~18:00

浦安駅徒歩1分の矯正専門歯科

榎本矯正歯科

〒279-0002
千葉県浦安市北栄1丁目15-9 寿ビル4階
東京メトロ東西線「浦安」駅から徒歩1分