裏側矯正治療

裏側(リンガル)矯正治療とは?

裏側矯正治療は、歯の裏側に矯正装置を装着する矯正治療です。

「歯並びは治したいけれど、矯正装置が気になる」「仕事で表側の矯正装置はつけられない」などとお考えの方も多いと思います。舌側矯正は、矯正装置を歯の裏側に装着するので、他の人に気づかれずに矯正治療ができます。 治療期間も現在では、表側の矯正と変わらないことも多くなりました。 矯正治療中の虫歯に関しても、歯の裏側の装置なので、歯の表面の虫歯の心配もありません。 榎本矯正歯科では開業当初の14年以上前から、裏側矯正を行っています。

歯の裏側に矯正装置を取りつける治療方法なので、外からは見えないのが大きなメリットです。

「人に気づかれずに歯並びを治したい。」「歯並びは治したいけれど、目立つ装置は付けたくない。」「人に気づかれず歯並びを治したい。」

そのようなご要望にお応えできるのが裏側矯正治療です。

知っておきたい裏側矯正治療

裏側矯正治療の種類

  • フルリンガル

    上下の歯の裏側に矯正装置(ブラケット)を装着します。 見えないことが一番のメリットです。 下の歯の裏に矯正装置が付くことで、しゃべりにくく感じる方もいらっしゃいます。

  • ハーフリンガル

    上の歯は歯の裏側に、下の歯には歯の表側に矯正装置を装着する方法です。 下の前歯はあまり見えない事が多い為、審美的に矯正治療が行えて、フルリンガルに比べ、費用を抑える事ができます。

当院の裏側矯正治療

  • 高い矯正技術

    当院は、開業当初の14年以上前から裏側矯正治療を行っています。また院長が毎回診療いたします。裏側からの矯正は難しいと診断された方も、当医院に一度ご相談ください。
  • 装置はオーダーメイド

    裏側の矯正装置は歯型を採り、1本1本の歯の形態にあわせ、オーダーメイドで製作します。また装置も歯の形に合わせ、半透明の樹脂で製作した個歯トレーを用い、1本ずつ正確に装着しています。樹脂の部分は装着後に取り除きます。
  • 最新の裏側治療

    オームコ社製のアリアスを導入しています。アリアスは2016年に販売が開始された、世界初のパッシブセルフライゲーションシステムです。 ストレートのワイヤーで治療が行えることが特徴です。

診療案内

受付時間・アクセスInformation

診察時間
11:00~13:00 × ×
15:00〜19:00 × ×

休診日/月曜・木曜・祝日・第2日曜
△は10:00~12:30/15:00~18:00

浦安駅徒歩1分の矯正専門歯科

榎本矯正歯科

〒279-0002
千葉県浦安市北栄1丁目15-9 寿ビル4階
東京メトロ東西線「浦安」駅から徒歩1分