インビザライン

インビザライン(マウスピース矯正)とは?

インビザラインイメージ
マウスピース矯正は、透明なマウスピース型の矯正装置を歯に装着して歯並びを矯正する、矯正方法です。 マウスピース矯正には、いくつか種類がありますが、当医院ではもっとも複雑な治療に対応できるインビザラインを使用しています。

インビザラインは、歯型を採り、一人ひとりの歯に合わせオーダーメイドで作製される矯正装置を装着しながら、2週間に1度程度新しいマウスピースに交換しながら矯正を行います。 マウスピース矯正の一番のメリットは、装置が目立たないことです。インビザラインは、透明なマウスピースなので装着していても着けていることがほとんど分かりません。 治療中の見た目が気になる方や、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正装置で、マウスピース矯正は他の矯正装置とは違い、取り外しができることが大きな特徴です。

また、インビザラインをはじめとするマウスピース矯正は、食事の時には取り外すことができるので、歯ブラシが行いやすいことも特徴です。

マウスピース矯正はご自身でマウスピースを交換し、使用時間を守って使用する必要があるので、ご自身の自己管理がとても大切になってきます。

マウスピース矯正は金属を使用しない為、金属アレルギーのある方にも安心です。

知っておきたいインビザライン

インビザラインのシミュレーション

インビザラインは、事前にどのような治療が最適か、インビザライン社と複数回パソコン上でのシミュレーションを行ってから、治療を決定します。

  • インビザラインシミュレーション正面

  • インビザラインシミュレーション横側

表側からの矯正治療とインビザラインの比較

著しい不正咬合の場合はインビザラインをはじめとするマウスピース矯正が困難な場合があります。 マウスピース矯正は通常、中等度の叢生(でこぼこ)や隙間の閉鎖などに用いられますが、補助装置を用いる事で、多くの症例に適応出来るようになります。 補助装置が必要がどうか、マウスピース矯正が可能かどうかは、検査後の診断の時にご説明させて頂きます。

表側からの矯正治療 インビザライン
見た目 矯正装置が見える 透明なマウスピースで気付かれにくい
取り外し 自分で取り外し出来ない 自分で取り外しが出来る
金属アレルギー 金属アレルギーのある方は応相談 金属アレルギーの心配なし
症例 ほとんどの症例に適用 症例によって困難な場合もあり
衛生面 歯磨きがしにくくなる 取り外しが出来るので衛生的
通院期間 月に一度程度 2週間から数ヵ月間隔
痛み 初めて装置を装着した際に、4~5日痛みがある 他の装置に比べ少ない
歯の削合 ほとんど行わない 一か所0.25mm程度の削合が必要になる場合がある

診療案内

受付時間・アクセスInformation

診察時間
11:00~13:00 × ×
15:00〜19:00 × ×

休診日/月曜・木曜・祝日・第2日曜
△は10:00~12:30/15:00~18:00

浦安駅徒歩1分の矯正専門歯科

榎本矯正歯科

〒279-0002
千葉県浦安市北栄1丁目15-9 寿ビル4階
東京メトロ東西線「浦安」駅から徒歩1分